お口ケア

【ポスカ・エフ】は効果有り! 2年間噛み続けた結果こうなった!

2015年の事です。

前歯に違和感を感じ歯医者に行った所、

「虫歯のせいで前歯に大きな穴が空いています」と言われました。

治療を始め、その後何度も歯科に通う羽目になって、大変な思いをしました。

もう虫歯にはならないぞ!と決意して2年。

虫歯で病院に行った後、色々と調べ、歯を復活させる方法として取り入れたのが、歯を再石灰化させるガム ポスカ・エフ(POs-Ca F) でした。

今のところ虫歯は悪化せず、寧ろ奥歯などにあった虫歯は薄くなってきています。

今回は、このガムを2年間毎日3回食べて、本当に効果は有ったのかを紹介します。

 

実際に2年続けた結果

さて、私がこのガムを食べ始めたのが2015年の8月ごろです。丁度虫歯治療が終わった頃ですね。

それからほぼ毎日、朝、昼(場合によっては間食後)、夜 の3回~食べ続けて、実際に虫歯は無くなった(減った)のか!?

それは・・・・

 

・・・・・・・・・・

 

・・・・・・

 

・・・

 

・・

 

 

正直わかりません!!

 

わからんのか!? って思われた方

すみません!

ですが、噛み始めてからしばらくすると、少し虫歯が薄くなったのは確実です。ただそれがガムの影響なのかどうなのか。

それ以降特に歯に大きな変化も無いため、当初はよく分かりませんでした。ですが、ホームページにも有るように、実際に効果は検証し、確認されています。

全く効果が無いはずはない!と考え2年間続けてみることにしました。

そして2年間続けた結果、

今も少しずつ薄くなっているのは確かです

何より2年前に虫歯になって以降全く虫歯の兆候も有りません。

むしろ、徐々に初期虫歯の色が薄くなり、確実に効果を実感しています。

2年間食べ続けてきて、オススメできるものだと思っています。

 

追記 2017/10/8

ポスカFを今まで噛み続けて来ましたが、現在一部の虫歯はかなり薄くなっており殆ど見えなくなってきています。

ポスカFだけの成果とは言えないかもしれませんが、

ポスカFの効果もかなり有ったと考えて良いと思います。

 

結論

初期虫歯であれば効果あり! 但し長期的に取り組む必要が有り!

 

長期的に取り組んでいく必要が有りますので、

虫歯予防や、頭のリフレッシュの為に食べる。程度で考えていたほうが良いかと思います。

 


さて、私が2年間ポスカを噛んでみた結果は、長期的に取り組めば効果は有るというものでした。

ではそもそもポスカとはどのようなガムなのか?

実は結構凄いガムなんです。

ポスカには実際どのような効果があるのか調べてみたので、興味の有る方はそのまま下へどうぞ!

 

ポスカは歯を再石灰化して元の元気な歯に戻すガム

ガムと言うとキシリトールガムが有名かと思います。

キシリトールは歯の虫歯を防ぐ効果があるのですが、今は殆どのガムにキシリトールが含まれているのではないでしょうか?

さて、そういったガムの中で、

防ぐだけでなく、溶けてしまった歯を再石灰化させて、元の丈夫な歯にしよう。

というのが再石灰化ガムです。

そのガムがこちらのポスカ・エフ

 

このガムは歯科専用ガムで、主に歯科医院で取り扱っています。

ガムは噛むだけで唾液の効果で歯の再石灰化を促進するのですが、このガムは北海道のじゃがいも由来のカルシウムが含まれており、市販のキシリトールガムを噛むよりも

虫歯予防、及び歯を再石灰化してくれるのです。

 

歯は身体で唯一体内から補給できない骨

ところで、歯が骨であることは知っていましたでしょうか?

歯は人間の体の中で一番硬い骨だと言われています。

モース硬度で言うと7~8。

同じ硬さで言うと水晶などがあります。それぐらい硬いのが歯なのですが、

歯は体外の影響によって変動します。

食事を摂ると口内環境が酸性になり、歯が溶け出します。

その後唾液によって失われたカルシウムが補給されるのですが、

その時の再石灰化が少なかったり、糖分を取りすぎていると酸が歯を溶かしてしまい、虫歯の原因になるわけです。

人間の身体の骨は、ホルモンなどの影響で定期的に入れ替わっています。

ですが歯は人間の骨の中で、唯一カルシウムの入れ替わりが出来ない骨なのです。

そのため歯は、

外部からカルシウムを補給してあげる必要が有ります。

 

POs-Caって?

このガムの商品名にもなっているポスカですが、正式名は「リン酸化オリゴ糖カルシウム」と言います。

何だか難しい名前ですが、リン酸オリゴ糖+カルシウムだと思えば良いでしょう。

ではリン酸オリゴ糖カルシウムとは一体どういったものなのでしょうか?

 

ココが凄いよリン酸化オリゴ糖カルシウム

リン酸オリゴ糖カルシウムについて研究した結果が公式ホームページに掲載されていました。

http://www.glico.co.jp/laboratory/health_science/tooth/index.html

それによると、リン酸化オリゴ糖カルシウムは以下のような特徴が有ります

  • 水に溶けやすいカルシウムである
  • リン酸オリゴ糖はショ糖(砂糖)と比べると、虫歯菌が発生しない糖である
  • 虫歯菌が発生しないので、酸が発生せず歯が溶けない
  • 口内が酸性であっても、酸を和らげる効果がある
  • プラーク(歯垢)の発生を抑える
  • 元々有る、唾液の歯の再石灰化力を高める

といった効果が科学的に検証、実証されています。

何だかいろんな効果があって凄いですね・・・。

実は歯は、食事を取ったあと、虫歯菌によってリン酸とカルシウムが溶けだして失われてしまいます。【脱灰】

この脱灰が進むと虫歯になってしまうのです。

リン酸化オリゴ糖カルシウムは、その失われたリン酸やカルシウムを含んでいるので、足りない分を補い、歯を丈夫にしてくれるのです。

 

キシリトールガムにはこのリン酸オリゴ糖カルシウムが含まれていません。

そのため、主に唾液を出して歯の再石灰化を行うのですが、唾液にはカルシウムが殆ど含まれていません。

より良い再石灰化を行うには、リン酸化オリゴ糖カルシウムを補う事で、より丈夫な歯を作ることが出来るのです。

そんな凄いリン酸化オリゴ糖カルシウムに、抗菌性のあるフッ素を足してガムにしたのが【ポスカ・エフ】です。

 

ここでは簡単に紹介しましたが、詳細な内容はホームページに論文として説明されています。

気になる方は読んでみると面白いかも知れません。

【ポスカ・エフ】について注意点

注意点を少しだけ。

一度に食べ過ぎるとお腹が緩みます。1回2粒を限度に食べ過ぎには注意してください。

 

ガムを食べるタイミングはいつでも良いですが、

間食でクッキーなど歯に残りやすいものを食べた場合、

その直後に20分ほど噛み続けるのをオススメします。

ガムを食べることで、歯についたお菓子の残りをガムが取り除き、歯磨き代わりになります。

また食後は口内環境が酸性となり、歯のエナメル質を溶かしています。

ポスカ・エフを食べる事で、口内の酸性をすばやく抑え、歯が溶けるのを防ぐ事ができます。

また食後の唾液効果である歯の再石灰化の効果を強化してくれます。

歯の再石灰化には、20分ほど噛み続けるのがベストと言われています。

20分は出来るだけ噛むようにしましょう。

 

当たり前ではありますが、普段からの口内ケア(歯磨き、歯間ブラシ等)はしっかりと行って下さい。それプラス、【ポスカ・エフ】でしっかりとした歯を作っていきましょう。

では皆さんも、虫歯に負けず素敵な食生活ライフを!

ポスカ・エフを効率よく取る為の方法を調べて見ました。こちらもどうぞ。

【ポスカ・エフ】の噛む時間・タイミングはいつがベスト?調べてみた。

 

 


スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください