恋愛

【狼少年は今日も嘘を重ねる】4巻 女装カミングアウト!?3人の関係は次のステージへ 

こんにちは「ハナヤ」です!

徐々に面白さを加速せる『狼少年は今日も嘘を重ねる』ですが、最新刊4巻は冒頭でイキナリの急展開から始まります。

ますます面白くなる『狼少年は今日も嘘を重ねる』ですが、今回は4巻の感想を書いていこうと思います。

ネタバレを含みますのでネタバレ注意です!

長引かせない展開がいい

この漫画、啓太郎が女装した女の子イツキとして、外鯨さんと近づくという展開の漫画ですが、今回4巻で、あっさり女装であったことがカミングアウトされました。

こういった漫画だと、何だかんだとグダグダ女装の展開を引き伸ばしたりするのですが、4巻というタイミングであっさりとバラしたのは、ちゃんと物語を進めていく気が作者様にはあるという事が分かって、逆に安心しました。

 

牡丹ちゃんが健気可愛い

牡丹ちゃんの可愛さが3巻から更にマシマシで、もう健気可愛いさMAXです!

啓太郎がイツキであったことにショックを受けていた牡丹ちゃんでしたが、そんな啓太郎もちゃんと理由があってそんな事をしているのだと受け入れ、それでもなお啓太郎の事を好きでいてくれる牡丹ちゃん。女神様ですか!?

正直ヒロインは牡丹ちゃんで良いんじゃないかと思っている私が居ます。

 

新しい女装仲間

以前からイツキに対して告白をしていたチャラい男の子宮間が、まさかの女装キャラに!

啓太郎を慰めるために何故か女装した宮間ですが、どうやら女装に嵌った模様。

今までウザキャラとして出ていた彼ですが、4巻で急にいいヤツに転身して出てくるという。ある意味オイシイキャラになった彼ですが、今後も啓太郎の女装を打ち明けられる相談キャラとして益々活躍してきそうです。

 

揺れる外鯨さん

イツキと啓太郎が同一人物だと言うことを知り、動揺を隠せない外鯨さんですが、イツキに会いたいという気持ちはどんどんと積もっていきます。

少しずつ今まで気にもしなかった、自分の外見について興味を持ち出したり、自分の交友関係の少なさに気がついてしまったり。

今まで見えていなかった事が見えだした外鯨さんですが、やはりまだ啓太郎との関係については答えが出せていない。

4巻最後に牡丹ちゃんと二人っきりで話す事になった外鯨さんですが、今後外鯨さんがどう選択するのか必見です。

 

感想

3巻の最後、修羅場場面からの4巻スタート。

3巻から可愛くて仕方がない牡丹ちゃんの、啓太郎への告白から始まる4巻でしたが、4巻冒頭で、まさかの啓太郎から女装のカミングアウト!

え! 言っちゃうの!? とビックリでしたが、これによって外鯨さんの男性恐怖症を治す物語から、外鯨さんと牡丹ちゃん、啓太郎の恋愛物語へシフトしました。

一歩進んだ展開となった『狼少年は今日も嘘を重ねる』ですが、面白さも一歩進んだ気がします。

5巻はまた来年でしょうか。楽しみでならないのですが、も、もう少し早く出して欲しい・・・(切実)

『狼少年は今日も嘘を重ねる』を立ち読みするならこちら


スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください