食事

天下一品【納豆ラーメン】は極上の一品なのか、ゲテモノラーメンなのか?実際に食べてみた!

時々無性に食べたくなる天下一品ですが、久しぶりに天下一品に行こうと向かった先は

「天下一品八条口店」

イオンモールのすぐ隣、八条油小路の交差点の角にある小さな店舗です。


今日は何するかと悩んでいた所、壁に貼ってあるメニューに「納豆」の文字が!

ラーメンに納豆・・・って。マジかよ どんなだよ、美味いのかよ!?

気になりだしたら気になって仕方がない! ここはもう頼むしか無い!

という事で頼んでみました!

というか店員さん! 納豆頼んだ時にえ・・・?って一瞬なったの見てましたよ!

マジで納豆食うやつ居るのかよ。みたいな反応してましたが、どんな味なのか心配になってきましたよこれ。

これが納豆ラーメンだ!

店内混雑している中待つこと10分程。

店員の「納豆ラーメンおまち!」の言葉と共に納豆ラーメンがやって来ました。

納豆の言葉に周りの客からも「え?」みたいな反応が。

そんなに見ないで! 何食ってんのこいつ?みたいな顔してこっちをみないで!

だってメニューにちゃんとあるし! ちゃんとしたメニューだし!

なんて内心少し他の客の視線を感じながらも、いざ納豆ラーメンとご対面!

 

これが納豆ラーメンだ!!

 

 

本当に入ってるよ納豆! ひき割りとかじゃなくてちゃんとしたのが入ってるよ!

 

だが見た目のインパクトはそこまで大きいものでは無い。

なんたってスープも茶色、納豆も茶色。山盛りになっているわけでも無し、トッピングで納豆が乗っているだけなので、まあこんなものかと早速食べる事に。

食べ方が分からないので、取り敢えず混ぜてみた。

 

 

箸に納豆のネバネバが糸引いてますがな。糸を引くラーメンとはこれ一体・・・。

では、勝負の一口。

 

・・・・・・う、う、う、

 

うまああああ!

 

なんだこれ! 凄い新食感!

納豆のネバネバが麺にまとわり付いて、まるでウナギのような粘り気が麺に付いた事で、

麺を啜るとニュルツルした食感と、既に濃厚なこってりのスープが、納豆の香りと風味で更に深みを増して迫ってくる

例えるならば

光が微かに差し込む海の中に居たと思ったら、そこから一気に光の届かない深海へ引きずり込まれ、見たこともないようなゲテモノ達が一気に群がってくる 

そんな感じ。

まさしく新・食・感でした。

美味いかマズイかなら、確かに美味い!

が、納豆ラーメンの本番はここからだった。

最初の一口はとても美味く感じた納豆ラーメン。

しかし食べていくと、次第に自身の両眉が寄って、顔が渋くなっていくのが分かった。

この納豆ラーメン、何と言っても味が濃いのだ。

もとから濃厚な天下一品のこってりラーメン。

そこに更に独自の匂いと食感を持つ納豆を足したせいで、こってりだったスープが「極濃くトロ」にまで進化する。

ようは、味が濃すぎて次第に食べるのがしんどくなってるのだ。

最後は食べるのが苦痛になって、スープをすべて飲むことが出来なかった。

私程度の天一好きではまだまだレベルが足りないという事なのだろう。

食後の感想だが、キムチをトッピングで入れてみたら更に味に変化があって美味しいかもしれない。

またいずれ気が向いたら再チャレンジしてみたい。

 

最後に、納豆ラーメンはこんな人にオススメ

納豆ラーメンをオススメする人

・天下一品のこってりが大好きな人

・納豆も大好きな人

・天下一品のこってり程度じゃ物足りない人

ゲテモノを味わってみたい人

・ヌルヌル好きな人

どれか2つ以上当てはまっていれば食べてみるのも良いかもしれない。

 


スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください