退職届の封筒が売ってない!退職願の売っている場所はどこ?

2018年12月5日

退職届を出そうと思った時、真っ先に困るのが、退職届を入れる封筒。

退職届入れる封筒は、2重で無地の白封筒を使うと言われています。

が!この封筒が売ってない! 本当に売っていないのでどこで買えるのかを紹介します。

 

退職届の売っている場所

退職届の書き方などで調べると、どこのサイトも、封筒は無地の白で2重になっているもの。となっています。

無地ということは、一般的な封筒に描かれている郵便番号枠の無い、何も印字されていない封筒の事なのですが、

無地の封筒なんてどこも売ってない!!!

いや、これびっくりしました。コンビニ行っても本屋に行っても置いてないのです。

・実際に私が行って探したお店

コンビニ3件 ドラッグストア1件 本屋1件 大きな100均1件

色々回りましたが、上記の場所にはどこにも売っていませんでした。

コンビニに無地の封筒はまず有りません。

もっとも品揃えが多かったのは100均で、沢山の種類の封筒が置いてありましたが、それでも無地は置いてない。

最近は文房具屋も見かけることが減り、本屋にも文房具が置かれることも減っています。そもそも本屋自体が減っている。

都心であれば大きなお店に行けば売っている可能性は高いでしょうが、地方だとほぼ無いと言っていいでしょう。

無地の封筒を購入するオススメの方法は、

ネットで買うこと!です。

 

急ぎではない人は、ネットから購入しておくことをオススメします。

 

ついでにですが、

 

こんな退職願キットみたいなものも有ります。

これ一つで退職願の書き方から、印字済の用紙までセットになっていますので、これ一つ有れば初めて退職届を書く人でも問題なく書けるかと思います。

 

急ぎで用意する必要のある人

急に退職が決まってしまい、急ぎで封筒を用意する必要がある人は、仕方がないので、郵便番号枠付きの封筒を使いましょう。

マナーとしては悪いかもしれませんが、特に気にしない範囲のマナーとも言えます。

こちらであればコンビニ、百均等で売っています。

注意すべき点として、A4の3つ折りを購入するといいです。

4つ折りだと退職願を4回折る必要が出てきて、余り綺麗では有りませんし、封筒もその分分厚くなります。

私が使用した時は急ぎだったので、

郵便番号の枠がついた、白地の4つ折り封筒を使用しました。

上司からは特に何も言われず問題なく退職出来ました。

 

退職する意志を固めたら、まずはネットで封筒の用意から

退職願・退職届自体は、ネットで調べれば簡単に作ることが出来ます。

テンプレートもありますし、用紙も普通のA4・A5用紙で問題有りません。

唯一揃えるのが難しいのが、無地の封筒なのです。

とは言っても、ネットで探せばすぐ買えるものですので、今すぐに退職願・退職届を出す必要が無いのであれば、ネット等で注文して届いてから書いても良いでしょう。

私みたいに急ぎであれば郵便番号枠の有る通常の白封筒で良いかと思います。

 

 


 

どうしても会社が辞められない。退職を言い出せない。
そういう方には、退職代行サービスを使うことをオススメします。

 

私もそうでしたが、実際に仕事を辞めようと思うと、必ず引き止められます。

私の場合、上司、別の部署の上司、社長と何回も説得を受け、時には3対1で話をさせられることもありました。

退職は「申し訳無さ」「上司からの引き止め」「言い出しづらさ」など、かなりの精神的ストレスを与えます。

私自身もうしたくないというのが本音です。が、仕事を辞めたいと思っている時は、既に自分自身にかなりの負担が来ています。

自分が壊れてしまう前に退職をしてしまいましょう。

上司から引き止めを受けたり、そもそも辞めさせてくれない時は、最終手段として退職代行サービスを利用しましょう。

退職代行.com

退職代行サービスの平均価格が3~5万円の中、月5名限定ではありますが、19,800円と格安値段で依頼できます。

どうしても仕事を辞められない。そういう方は退職代行サービスを活用してみてください。