【恐怖!】寄生されたら死亡!?人を殺す寄生虫たち

 

寄生虫といえば、そのグロテスクな様相や、寄生して宿主を操るという点で有名ですが、

寄生虫は人間にも寄生し、時には人間を死に追いやることがあります。

今回はそんな人間を殺してしまう寄生虫について調べて見ました。

年間42万人が死亡 熱帯熱マラリア原虫

マラリアは、2015年には推定でマラリア患者が2億1,200万人、マラリア死亡者が42万9,000人もいます。

人に寄生する5種のマラリアの中で、もっとも致死率が高いのが熱帯熱マラリア原虫です。

蚊(ハマダラカ)を媒体にして人に感染し、感染した熱熱帯マラリアは、人間の赤血球をことごとく破壊。

また、赤血球を毛細血管に付着させ詰まらせ、より重大な症状を招きます。

症状

熱熱帯マラリアを持った蚊に吸血されると、7~10日ほどで(遅くても1ヶ月以内)発病します。

発病すると、39~41℃の高熱が何日も続きます。

病状の進行は早く、発病から5日以内に治療しないとほとんどの人が死に至ります。

マラリア分布図

 

マラリアは、蚊が繁殖しやすく、経済的に発展していない国で多く発生しています。

特に赤道近くの国では、日本のように冬になると蚊の活動が低下するようなことがなく、年中蚊とマラリアが活動できる気候となっています。

マラリア自体治療法はあるので、治療さえ受けられれば治すことは出来ます。

ですが、マラリアが蔓延している国のほとんどが、経済的に発展していない国という事もあり、マラリアの治療が出来ないのが現状です。

 

眠ったまま痩せ細って死に至る アフリカトリパノソーマ

トリパノソーマは病名「アフリカ睡眠病」と呼ばれ、感染されて末期になると、昏睡状態のまま痩せ細って死んでしまうところから、このような名前がつきました。

感染原因

感染原因はツェツェバエに刺される事です。

ツェツェバエは、アフリカ大陸の北緯15度から南緯20度の範囲のうち約1,500kmの範囲にのみ分布する蝿で、蚊と同じく血を吸血することで生きています。

症状

ツェツェバエに刺されると、数日後に刺された場所が炎症を起こして硬くなり、痛みが出ます。

だいたい1〜2週間ほどでこの症状は消えてしまいますが、血液中やリンパ節でトリパノソーマが増殖すると、発熱、頭痛、筋肉痛などの症状が現れます。

また、原虫が脳や脊髄に入り込むと、頭痛や意識低下などの症状があらわれ、次第に朦朧としだし昏睡状態にたり、やせ細って死に至ります。

死亡数は年間5〜50万人とされています。

しかし新規患者は現象し、近年では年間で一万人を下回る程度の新規感染率となっています。

 

造血器官を破壊! リーシュマニア

 

人は、リーシュマニアに感染したサンチョウバエに刺される事で感染します。

症状

体内に入ったリーシュマニアは、白血球などに寄生し、血流にのって全身に広がります。

そして、肝臓や脾臓、骨髄などで増殖します。

症状が進むと、顔や手足、腹部などが黒くなり、この症状から、「黒い熱病」とも呼ばれています。

さらに症状が進行すると、骨髄が犯され、白血球、血小板が減り、治療しないと死に至ります。

約1200万人の感染者がおり、毎年90~130万人が新たに感染しています。

 

脳を喰い荒らす フォーラーネグレリア

    

 

フォーラーネグレリアはアメーバーで、主に25~35℃のやや暖かい水を好み、湖や川などの淡水中に存在します。

感染の殆どが、川や湖での水泳が原因です。

症状

鼻から脳に侵入し、大脳や小脳で大増殖して炎症をおこします。

突然の強い頭痛と発熱のあと、意識がはっきりしなくなり、やがて昏睡状態となって、5日〜1ヶ月以内に死亡します。

アメリカでは2013年の段階で、累計128人の感染があり、そのうち助かったのはたった2人です。

感染することはごく稀ですが、感染していても、殆どの場合は気が付かず、そのまま死亡します。

 

日本では1996年に1件あるのみで、米国でも年間4~5件程度です。

 

人の肝臓を10年かけて食らう 多包条虫

 

多包条虫は、俗に言うエキノコックスのことです。

エキノコックスと言うと、よく狐から感染すると思われがちですが、狐だけでなく、犬からも感染します。

エキノコックスには単包条虫と多包条虫の2種類がありますが、どちらも人が死亡する確率があります。

多包条虫の場合、多包条虫に寄生された狐や犬のフンには、多包条虫の卵が含まれています。

人は、それらのフンに汚染された水や野いちごなどを口にして、多包条虫に感染します。

症状

多包条虫の幼虫は、肝臓や脳、肺に寄生し、ゆっくりと発育します。そのため人は寄生されていることに気がつきません。

潜伏期間は成人で10~20年 子供で5年以上かかります。

患者の98%が肝臓に病巣を形成され、胆管を閉塞して黄疸を呈して皮膚の激しい痒み腹水をもたらす事もあります。

症状が出てからも、ガンや腫瘍などと間違われ、取り除く段階で気がつく事もあります。

そのまま気がつかずにいると死亡します。

 

まとめ

どうだったでしょうか?

今回紹介したのは、人間に寄生する寄生虫のごく一部です。

実は日本にも沢山の寄生虫がいます。

寄生虫に寄生されることはそれだけで恐ろしいことですが、生食を食べない、手洗いをする、生水を飲まないなど、日常生活で気をつけていれば、早々寄生されることはありません。

寄生虫に寄生されないためにも、怪しいものには手を出さないで、しっかりと注意しましょう。

参考資料