小説, 純文学

この本を読もうと思った理由はなんてことはない、新聞の広告に本日発売とあったからだ。
私自身芥川賞受賞作はあまり読むことはない。何故なら面白いと思ったことが無かったから。

そんな私が今回この本を読んでみた理由は、なん ...