ファンタジー

ファンタジー小説を書くなら持っておきたい!魔女・ハーブ学資料!8選

ファンタジー世界において、魔法や武器といった知識は必需品だと言えます。

ですが、ジャンルによっては案外重要なのが「植物」です。

例えばハーブといった植物はヨーロッパで伝統的に薬草や料理、香料、保存料として用いられてきました。

それらの設定は、ファンタジー世界に置いてポーションの材料になったりしています。

また、現代知識チートにおいてもハーブは石鹸に使われたり、香料として使われたりと、重要な要素となることが多いです。

このように植物を題材にするにあたって、使える資料を紹介します。

 

魔法と薬草と伝説と

魔法と植物を絡めた内容となっている参考書類です

願いを叶える魔法のハーブ事典


はるか昔から、ハーブを使った魔術というものは使われてきました。

この本はそういたハーブを使った魔術の内容や効果といったものをマニアックに紹介しています。

本書紹介文引用

●オリス根をバッグに入れて持ち歩くと、異性を惹きつけることができる
●就寝前にローズバッド(バラのつぼみ)ティーを飲むと、予知夢を見られる
●歯痛を和らげたいなら、エルダーの小枝をかんでから、それを壁に打ち込んでみる

本書で紹介する魔法のほとんどは、このように日常的に起きる問題に対して使うものですが、なかにはもっと難しい魔法もあります。
例えば透明人間になる、霊を呼び出す、不死身になる、ウミヘビにかまれないように注意する、妖精を呼び出すなどです。それらは、かならずしも実用を目的としたものではありません。

引用元:Amazon

 

魔女の薬草箱


 本書は「魔女の正体を薬草という観点から解き明かす!」という言葉をスローガンに、
魔女の正体を探る上で重要な数十種類の薬草を取り上げ、
それぞれにまつわる魔女のエピソードを紹介しています。
魔女好きにも、薬草好きにもおすすめの一冊です。

 

 

不思議な薬草箱 魔女・グリム・伝説・聖書


 本書は上記の大好評、ロングセラーとなった『魔女の薬草箱』の姉妹本になります。

前回から発展させ、今回は「薬草」を縦糸に、「魔女・グリム・伝説・聖書」を横糸に構成した内容になっています。
「魔女」やさまざまな「伝説」が生み出された背景を「薬草」をキーワードに解き明かす、ちょっと風変わりな文化考。

上記『魔女の薬草箱』とセットで読むと面白いかと思います。

 

魔女のシークレット・ガーデン


「人を眠りに誘う黄金色のハーブ」、「伝説の魔法の果実」、「悲鳴をあげる怪しい植物」、「異界への道を清める聖なる草」。
魔女が大切にする植物全50種。
魔女の暮らしに欠かすことのできない植物を、四季を通した魔女の庭や裏の森、原野を通して紹介。
野草や樹木はもちろん、園芸品種まで、魔女が暮らしに役立てる植物を美しい著者のイラストレーションとともに知ることができます。

本書は先程までの本と違い、可愛らしいイラストが多く掲載されています。

イラストである分、文章だけでは分かりにくい雰囲気や、単純にイラストを見ているだけでも楽しめる仕様となっています。

 

 

魔女の生活、魔女の知識

ハーブを使った香りに関する技術は、秘伝の技術として語り継がれてきました。

ではそんな魔女とは一体どういったもので、どのような生活をしてきたのか?

魔女について書かれた本の紹介です。

 

魔女の12ヵ月 自然を尊び、知り尽くした魔女の「暮らし」と「知恵」


本書は魔女の生活を12ヶ月で区切り、1年間の生活を自然と絡めて紹介してくれます。

またイラストも可愛らしいのですがそれだけでなく、魔女についての祭りやハーブ、レシピ、手料理、手仕事、お茶の時間など、幅広く魔女について紹介されています。

 

自然を尊び、知り尽くした魔女の「暮らし」と「知恵」。

自然を尊び、自然を知り尽くした魔女の暮らしと知恵は、
現代のわたしたちに新しいインスピレーションと生き方を教えてくれます。

本書は、12ヵ月の魔女の暮らしを「季のことば」「祭り」「とっておきのハーブ」「魔女の手仕事」
「おいしい魔女のレシピ」「魔女のお茶時間」のキーワードとともに紹介します。

 

魔女の教科書ーー自然のパワーで幸せを呼ぶウイッカの魔法入門


本書は、魔法や魔女「ウイッカ」についての教科書的な内容の本となっています。

本書には魔法の道具や儀式の方法、ハーブやクリスタル、ルーン文字などウイッカの基礎となる知識を紹介しています。

ただし、一部説明が無いものなども有るため、不明な点は自分で調べる必要などもありそうです。

神聖な自分と出会う魔女入門―自然のパワーを引き寄せ、味方につける7つのレッスン


魔女について、
「おまじないをかけて人を呪う」「人を動物やモノに変える」
……こんなイメージをもっている人もいるかもしれません。

しかし、本来の魔女はいたってシンプルな存在。
自然界と仲良く、自然と宇宙のパワーを自分やまわりのために活用しています。

そんな魔女の世界がどんなものかを体験し、
魔女としての生き方と実践法について知ることができる1冊になりました。

出典:Amazon

魔女というイメージといえば、大鍋に薬草を入れてグツグツ煮込んでケケケと笑う。

そういったイメージがありますが、本書で紹介されているのは、もっと自然に近い、

自然界のもの(ハーブやクリスタルなど)の力を借りながら調和し、自然界のリズムにあわせ、リラックスして豊かに生きていくというものです。

ファンタジー世界に出てきそうな魔女とは違い、より自然的で、スピリチュアル的なもので生きてきた魔女を紹介しています。

 

魔女図鑑―魔女になるための11のレッスン


 

ベストセラーでもある本書。比較的有名かと思います。

資料というより絵本。

子供から大人まで大人気で絵を見ているだけでも楽しめる本書ですが、魔女についての入門書としても面白いと思います。

楽しみながら魔女について知りたい人におすすめです。


スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください