漫画

【ふらいんぐうぃっち6巻】作画は変わったのか!?検証してみた


10ヶ月ぶりに発売されたふらいんぐうぃっち6巻ですが、作画が変わっていると少し話題になっています。

私個人としても、読んでいて作画に違和感を感じたので、少し見比べてみることにしました。

個人的には6巻の作画は好きなんですけどね。

6巻感想はこちら

【ふらいんぐうぃっち6巻】感想 日常漫画から非日常漫画へ!  

 

キャラの顔が変わった?

比べる対象として、5巻の真琴と、6巻の真琴で比べようと思います。

5巻真琴

 

 

 

 

 

5巻の真琴はこんな感じ。

馴染みの深い顔ですね。うーん可愛い。

真琴は表情豊かなキャラクターなのですが、顔自体にそこまで大きな変化は有りません。

顔を崩したり、変な顔をさせたりですね。

むしろその辺は千夏ちゃんの方が圧倒的に多いです。

 

 

 

 

 

 

ですが6巻になると、真琴の顔面崩壊が明らかに増えています。

6巻 顔面崩壊真琴

 

 

 

チトさんとケニーさんが学校にくる話では、時間が無かったのか明らかに作画が崩壊しています。

では作画が崩壊していない、通常時の真琴の顔はと言うと

 

 

 

 

 

 

 

今までに無かった、斜め下からの難しい描き方も有ったりと、寧ろ画力は上がっているように感じます。

ただ、引きの絵が5巻と6巻ではかなり違っています。

5巻引き絵

 

 

 

 

5巻の引き絵は、ちゃんと真琴のらしさを出しているのですが、これが6巻では

 

 

 

 

 

 

 

誰だお前!?

と言いたくなるような変化を遂げています。多分これが読んだ人の違和感を誘ったのでは無いでしょうか?

 

髪の描き方が違う

面白いのが髪の描き方で、連載中に色々試行錯誤があったのか、6巻最初の方は、髪に線が入っている場面が多かったのですが、

6巻冒頭の真琴

 

 

 

 

 

 

髪に白のラインが多く入っている。

それも6巻後半となると、線の数も減って、落ち着いた髪になってきます。

6巻後半真琴

 

 

 

 

 

ラインが減り、スッキリした。

こちらの方が落ち着いていて良い感じですね。

 

1~6巻通しての作画

5~6巻で作画が変わったと言われていますが、全体を通すとどうなっているのでしょうか?

1~6巻のまことの顔を見比べてみました。

クリックで拡大

どうでしょうか?

5~6巻で作画が変わったと言いますが、むしろ2巻~3巻の時の方が圧倒的に画力が上がっているように思います。

1巻では卵型だったのが、2巻で少し細長くスリムになりました。そこから3巻で今の真琴のベースが出来ています。

また5~6巻も今までのっぺりしていた表情が、立体感ある表情により良く変わったように思います。

全体を見比べると、明らかに画力は上がっていますね。

結論

作画が5巻と6巻で大きく変わったと感じる理由は、まとめると

  1. 作者の画力が上がった為、違和感を感じる。
  2. 引きの絵が、今までと明らかに違う。
  3. 作者が忙しかったのか、手抜きの作画シーンが幾つか有る。

こんな所でしょうか?

私としては、冒頭でも述べたように、6巻の作画は嫌いでは有りません。

引き絵が変わったとは思いますが、作画自体が悪くなったわけでは無いので、あまり気にせず、今後も楽しみに続刊を待とうと思います。

 

 

 

ふらいんぐうぃっち6巻立ち読みするならこちら


スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください