旅行・出張に必需品!?超小型圧縮袋【VAGO】が便利すぎてヤバイ!

旅行に行くのは楽しみですよね!

旅行のプランを考えているときはとても楽しいものです。

ですがいざ旅行に行く段階になって、荷物が多すぎて困る!

または、帰る時に荷物がスーツケースに入りきらない!なんてことはないですか?

私はいつも思ってます。

そんな時に、便利なのがこちら!

【VAGO】です。

 

スポンサーリンク

VAGOって?

VAGOは掃除機の代わりに圧縮袋の空気を吸い出し、衣類などを旅行や出張先で圧縮してくれる超小型空気圧縮マシンのことです。

専用の圧縮袋と、それに取り付けられる小型圧縮マシンである【VAGO】

電力はモバイルバッテリーがあれば動かす事が出来るので、旅行や出張などで荷物にならず、現地でも簡単に衣類を小さく出来るというすぐれものです。

日本ではクラウドファンディングでお金を集め、発売されました。今では市販され普通に買うことができます。

 

特徴

VAGOの特徴として、まずそのコンパクトさがあります。

大きさは縦7㎝×横3.6㎝でわずか86gで手のひらに乗るサイズです。

 

吸引は専用の圧縮袋と、電源としてモバイルバッテリーがあれば簡単にできます。

 

大きな機械を持ち運ぶことなく、小さな装置で簡単に圧縮できる手軽さがVAGOのいいところ。

使い方はとても簡単で、

  1. 圧縮袋に衣服を入れてVAGOをセット
  2. ボタンを押すと吸引開始
  3. 3分~12分程度で圧縮が完了します。

このように簡単に圧縮することが出来ます。

圧縮袋は専用の圧縮袋があり、それを使用する必要があります。

 また、空気を吸い出して真空にしてくれるので、汚れた衣類をスーツケースに詰め込んでも、VAGOがあれば、異臭防止、細菌増殖を防ぐ効果があります。

どれぐらい小さくなるのか

公式サイトではこのように50%ほど圧縮している様子が出ています。

ですが実際に圧縮するとどれぐらい小さくなるのか実験してみました。

圧縮前

VAGOの圧縮袋に衣類を入れて行きます。

入れ終わった時の高さは、おおよそ10cm

幅は24cmでした。

VAGOとモバイルバッテリーを接続し、吸引開始!

どんどん空気が吸い出され、衣類が圧縮されていきます。

ランプが赤い間は吸引中です。

このランプがグリーンになれば吸引完了で、そのときは自動的に止まってくれます。

圧縮後

赤ランプがグリーンのランプに変わり、圧縮が完了しました。

みごと圧縮され、一回り小さくなりました!

再度大きさを測ってみると

高さは約10cm⇨7.5cm

-2.5cm

幅は24cm⇨22cm

−2cm分縮小

50%には全然届いていませんが、公式の画像はLサイズで、衣類以外の空気しかない部分も含めてのサイズなので、実際にはこれぐらいでしょう。

触った感じではしっかりと空気が抜けており、袋の中は真空になっているのが分かります。

圧縮にかかる時間

公式ではバッグのサイズや内容物によりけりですが、Mサイズで約5分で圧縮が完了となっています。

Sサイズ:約3分 Mサイズ:約5分 Lサイズ:約10~12分

となっています。

ですが実際にやってみたところ、Mサイズで17分かかりました。

衣類の分量にもよるとは思いますが、思った以上に時間がかかります。

急ぎの時には使えない可能性があるので、余裕を持って前日の夜などにやっていれば、時間はそこまで気にする必要はないのかもしれません。

 

実際に使ってみた所感

良かったところ

先日石垣島に行ってきたので、実際に使ってみました。

石垣島にはリュックサック一つで1週間行ったのですが、実は行きの段階ですでにリュックはパンパンでした。

この時は圧縮を行っていなかったのですが、帰りは荷物が増えたので圧縮を行ったところ、行きはパンパンだったリュックが、帰りは逆に隙間が出来るぐらいでした。

確かにしっかりと圧縮されたので、満足な結果です。

また全自動で圧縮してくれるので、衣類はVAGOに任せて放置して、他の用意をする事が出来ました。

帰りの忙しい時に手で圧縮袋を圧縮していると、結構大変な作業です。それを全自動でやってくれるのはとても楽でした。

問題点1

問題点として、時間がかかるのがあります。

圧縮袋のサイズや中身によってかわりますが、Lサイズだと10〜12分かかります。

また実際にやってみたところ、Mサイズで約5分となっていますが、実際には15分以上かかりました。

この間荷物を詰める事が出来ません。

急ぎの時に使えないので、前日の夜など、余裕を持って詰める作業を行う必要があります。

問題点2

二つ目の問題点として、VAGOの起動中はかなりの音がします。

ホテルなどの個室であればそこまで気になることはないかもしれませんが、私が石垣島で泊まったのは天井に壁がない、隣の音が丸聞こえな民宿でした。

そのため、VAGOの音はでかすぎて、タオルケットなどを何重にも重ねて音を隠す必要がありました。

音を気にする必要がある環境では使いづらいかもしれません。

 

超小型圧縮袋【VAGO】のまとめ

実際に使ってみた感想は、かなり便利!でした。

100均などでも圧縮袋は売っていますが、壊れやすく、チャックがしっかりと閉まらないため、すぐに膨らんでしまっていました。

また、最後は手で袋を閉じるので、どうしても少し空気が入ってしまいます。

VAGOの圧縮袋もしっかりと注意して閉める必要はありますが、閉めてやれば空気を吸う場所は別の場所なので、空気が入ってくる心配はありません。

もちろん本体であるVAGOの接続場所から空気が入る心配も無いので、しっかりと圧縮された状態のまま、スーツケースに収納する事が出来ます。

袋の耐久性についてはまだそこまで検証出来ていませんが、触った感じだとしっかりと作られているので、100均ほどすぐに壊れることも無いでしょう。

まさに旅行や出張が多い人こそ活用できる便利グッズだと思います。

自分用やプレゼントなどでもらえると嬉しい一品です。

 

スポンサーリンク