【Hi-G. A long long long Distance】感想 第五回 今週のオススメなろう小説 

2018年8月9日

 

今週は先週に引き続きSF作品になります!

タイトルはこちら!

【Hi-G. A long long long Distance】

http://ncode.syosetu.com/n4051dg/

 

21世紀に生きていた女子高生が目を覚ますと、そこは彼女が行きていた時代よりはるか彼方。人類が宇宙に進出して闊歩している世界だった。

この小説を読んだ感想は、トップをねらえ2!EVEOnlineロボットものを混ぜ込んだみたい! でした。

大艦隊での艦隊戦も有り! 美少女ヒロイン有り! そしてロボットに乗り込んでの戦闘だって有って、SFものを詰め込んだような作品です!

美少女SFロボットモノのどれかが好きの方にオススメです!

 

あらすじ

640億の恒星系に文明が広がり、人々が当たり前に宇宙を往く、遠い未来。
21世紀に生きていたはずの少女、村瀬唯理は、どういうワケかこんな時代で目を覚ますことになった。
相変わらず人類同士が争い、一方で恐るべき脅威が蔓延している天の川銀河系。
全く状況が分からないまま、偶然出会った貨物船『パンナコッタ』の皆と旅をはじめる唯理には、本人も忘れている大きな秘密が隠されていた。
銀河の半分を支配する三大国、エクストラ・テリトリーの組織、旅人の船団『ノマド』。
様々な思惑が入り乱れる中、赤毛の少女は自分の意志が命じるまま、ヒト型機動兵器で宇宙空間を突っ走る。

 

読む手が止まらない名作

宇宙を舞台にしたSFもので、21世紀の女子高生が主人公って、話的にどういった話になるのだろう? というのが私の読む前の感想です。

実際に1話を読んで、いきなりの戦闘シーンからスタート。

訳がわからないながらも読み進めて行くと、漠然とした予感に苛まれてきます。

「あれ? もしかしてこの小説、めちゃくちゃ面白いのでは?」

気がつくと時間も忘れ、寝る間も惜しんでひたすら読みふける私。

実験に掛けられていた女子高生主人公 村瀬唯理。

唯理を助けに現れる巨大無人戦闘艦、人類の敵である【メナス】の襲撃、巻き込まれる貨物船パンナコッタのクルーたち、敵と戦うため初めて乗り込んだ筈の人型ロボットで、圧倒的な力を発揮する唯理。

この説明だけでも主人公である女子高生の謎、特異性が分かるかと思います。

そんな謎を追っていくと、あっという間にこの世界に引き込まれている私が居ました。

 

唯理の正体は一体何なのか?

とにかく読んでいて飽きない本作。

まだまだ序盤なようで、今後の展開も気になります。

 

個性的なキャラクター達

本作が面白いのは戦闘だけじゃ有りません。

主人公である唯理は勿論、貨物船パンナコッタのクルーメンバー達もみんな個性的です。

どこか保母さんの様な印象を受けるものの、手腕は凄腕の船長に、凄腕の通信オペレーターのフィス、同じく凄腕エンジニアで唯理の保護者のつもりが最近言動が怪しくなっているエイミー。

その他エロ双子姉妹や、巨大船団の船団長など。登場するキャラクター達一人ひとりが個性的で面白い。

食事を作るという事を忘れた人類に、唯理が何とか自分で料理が出来ないかと試行錯誤してできたクッキーが大人気になって、輸送船団中で流行ってしまって大賑わいになったりと、その世界に住むキャラクター達の日常が知れるお話も有ったりと、戦闘以外の面としても楽しく読むことが出来ます。

 

まとめ

唯一更新頻度が遅いのが残念な点です。

カクヨムにて先行で公開されるようですが、書き溜めてから投稿されるタイプの方なのか、一度投稿すると連続で投稿して頂けますが、一定時間配信後は暫く更新が止まってしまいます。

【Hi-G. A long long long Distance】の世界に魅了されてしまった私としては、出来る限り早く続きが読みたい! と思うものの、作者さんの予定なども有るかと思いますので、気長に今後の更新を待とうかと思います。

 

 


おすすめなろう小説記事が増えてきたのでまとめました。