【ヘルメットのシールドクリーニング方法】シールドを綺麗にして視界も晴れやかに!

2018年8月9日

私が普段使っているヘルメットであるSHOEIのGT-Airですが、毎日乗っていると汚れるのも早いです。

春になって虫も飛び始め、先日ヘルメットについた虫を取り払おうとした時に、つい潰してしまい、シールドに汚れが付いてしまいました。

中々拭いても汚れが取れないので、クリーナーを買ってシールドのクリーニングを行うことに!

購入したクリーナーはこちら

 

今回はこちらのクリーナーでシールドを綺麗にしていきます。

用意するもの

まずは用意するものですが以下のものになります。

  • ヘルメット
  • クリーナー
  • クロス 

クロスはクリーナーを拭き取るのと、伸ばすのに使います。2枚あると使い分け出来て便利です。

 

タオルでも可能だと思いますが、拭いた時に毛が残ってしまいますので、出来ることならクロスをオススメします。

 

では早速クリーニングをしていく・・・前に! クリーニングする前の汚い状態のシールドを確認しておきたいと思います。

 

クリーニング前のシールド

コチラがクリーニング前のシールドです。

ホコリやゴミ、写真では見づらいですが、右上辺りに虫を払って付いた汚れがべったり付いています。

 

ヘルメットの中から取った写真。

全体的に白い汚れが目立ちます。

実際に被ってみると、シールドが汚れで白く曇って見えていました。

早速このシールドをクリーニングしていきたいと思います。

 

クリーニング方法

シールドの外側だけクリーニングする場合、わざわざヘルメットからシールドを取らなくても大丈夫ですが、今回は内側も綺麗にしたいと考え、ヘルメットからシールドを取ることにしました。

シールドの外し方はこちら(SHOEI GT-Air)

 

スプレーをシールドにサーッと吹きかけ、クロスを使って拭き伸ばして行きます。

クロスで拭いた後、汚れがまだ残っているようなら、再度スプレーを吹きかけクロスで拭き取ります。

これを綺麗になるまで繰り返します。

外側が終われば次は同じ様に内側も行います。

以上!

とても簡単にクリーニングすることが出来ました。

 

クリーニング効果

さて、クリーニングしたのは良いですが、実際にどれぐらい綺麗になったのでしょうか?

確認してみましょう!

じゃじゃーん!

汚れも何も綺麗に拭き取ることが出来ました!!

汚れ一つありませんよ!! これは凄い!

 

2つ並べると分かりやすいですね。綺麗に汚れが拭き取れているのが分かります。

これで視界が悪くて運転に疲れが出たり、汚れが気になったりしなくて済みますね。

この後ついでに撥水スプレーを使って雨対策も行いました。

雨になるとシールドに水滴が張り付いて視界がとても悪くなります。そんな雨水を弾くのに有効なのが撥水スプレーです!

使った撥水スプレーはこちら。

 

スプレーすることでシールドの水の弾き具合が格段に良くなりますので、雨の時にヘルメットの視界が悪くて困っている人は是非試してみて下さい!

同時にやると二度手間に成らずに済むのでオススメですよ!

撥水スプレーで雨対策はこちらをどうぞ↓

スプレーを沢山買うのが面倒な人には3本セットになった物も有りますので、コチラもオススメです。