漫画

鬼滅の刃のアニメ化は漫画の何巻まで? アニメが漫画の何巻まであるのか予想!

週刊少年ジャンプにて連載中の「鬼滅の刃」

2019年4月からTVアニメも只今絶賛放送中です。

ufotableが作る鬼滅の刃は、圧倒的な戦闘シーンが魅力ですが、この鬼滅の刃はアニメで漫画の何巻分まで放送するのでしょうか?予想してみます。

TVアニメ「鬼滅の刃」公式サイト

鬼滅の刃は漫画の何巻までアニメ化される?

鬼滅の刃は1クールだとか2クールだとか、まだ詳細は発表されていません。

2クールで決定のようです。


2クールの場合だと2019年4月~2019年9月までですね。

5/16現在、6話まで放送されていますが、この段階で2巻の中盤から終わり辺りまで進んでいます。大体6~7話で2巻ということですね。

途中からペースが上がり、現在19話で5巻ラスト辺りです。

あと7話有ることを考えると、アニメは8巻まで行く可能性がでてきました。

というのも、6巻以降は丁度いい区切りが8巻までありません。

また8巻の内容がとてもアニメ向きな内容である。という点もあります。

今までのスケジュールだと8巻は少し厳しいですが、6巻の半分は炭治郎の休みの話ですし、省略は可能です。

そう考えると、6巻は少し展開を早め、8巻まで行くのが妥当な展開かと思います。

現在21話ですが、やっと那田蜘蛛山が終わった辺りですので、8巻は無理でしょう。

治療と修行で終わると思われます。

ですので、アニメは漫画の6巻までになります。

 

 

 

アニメ後の展開は?

アニメは2クールだと考えて、今後の展開を簡単に紹介します。

アニメが漫画の6巻までだとすると、「那田蜘蛛山」編が終わり、炭治郎たちが治療と修行にはいった頃です。

柱たち全員が初めて登場する巻でもありますね。

鬼滅隊の超強い人たちのことを「柱」と呼ぶ

 

鬼滅の刃は6巻からが本当に面白くなると言っていいでしょう。

7巻、8巻は炭治郎たちが本当に成長していくうえで大切な戦いの場面となります。

この出来事が、炭治郎達が本気で強くなろうとするキッカケとなっていきます。

ここから熾烈な上弦の鬼と、柱や炭治郎たちとの本格的なバトルとなっていきます。

そして8巻以降からついに上弦の鬼たちとの戦いが本格的に始まっていく。

巻を追うごとに益々物語は盛り上がっていきます。

 

原作8巻の内容である「無限列車編」が劇場公開されることが発表されました!

話の内容的にも、かなり盛り上がる場面です。映画の尺としても丁度いい内容ですし、映画化にも納得です。

漫画の最新刊は何巻?

2019/10/7現在

漫画の最新刊は17巻になります。

今後本格的に敵の幹部クラス「上弦」との戦闘に入っていくのが16巻

17巻では「上弦」と「柱」との熾烈な戦いが始まります。

 

更に面白くなるのは必須です。

今後の展開にさらに期待したいと思います。



サムネイル画像出典元:https://kimetsu.com/anime/


スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください